05月 « 2008年06月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  » 07月

横浜・山手 一人散歩です!③

2008年 06月24日 16:00 (火)

こんにちは!メグおばちゃんです。
今日の横浜は、思ったほど気温も上がっていないようで、
意外とさわやかな風が吹く、梅雨の晴れ間となってます。

今日もまた山手・一人散歩の続きです。
参考記事→横浜・山手 一人散歩です!①
参考記事→横浜・山手 一人散歩です!②


山手234番館を後にするメグおばちゃんです。
フランス山を登り、公園や西洋館を見学して、そろそろちょっと休みたいなぁ~と
このあたりで思いました。



以前クリスマスイベントでこのあたりを訪れた時、
このえの木ていでランチを食べました。
参考記事→ http://blogs.yahoo.co.jp/mgmg3422/28741927.html
しかし、今回は時間的に昼下がりでお茶を飲む人が多く混んでいるようでした。
まあ、休むポイントはまだいくつかあると思い、この日は横目で見ながらエリスマン邸へ・・・

このあたりはまた写生のポイントになっているようで、絵筆を持つ人々が・・・

えの木ていの前、道を挟んだ位置にエリスマン邸があります。
場所がいいせいか、いつも混んでいる印象です。

こちらの展示は、建築家の藤田豪氏の空間プロデュースです。
西洋文化に関わりの深かった祖母との思い出、またお茶を点てることが好きだった祖母の日本文化への思いを
イメージしてこの西洋館を演出したそうです。

和食器は九谷焼、洋の代表はシルバーウエアの老舗クリストフル。(パンフレットより)

エリスマン邸










薄暗く、照明も素敵でした。
和のイメージが強いですねぇ~!







西洋館で和のイメージ炸裂?






風鈴の向こうに
マリンタワーが見えます。



















エリスマン邸には、喫茶室があります。
こちらも満席のようで、メグおばちゃんは休むことを諦めました。(泣)


それでは、次に進みます。

エリスマン邸のすぐ横にべーリックホールがあります。
イギリス人貿易商のべーリックの邸宅として昭和5年に建てられたもので、
平成12年までインターナショナルスクールの寄宿舎として使われていたそうです。

ベーリックホール























こちらの展示は、ジュエリーアーティストの梶光男氏のプロデュースです。
この梶氏、私が子供の頃たしか歌手でした。アイドル的な・・・
私も定かな記憶ではありませんが、舟木和夫とか橋幸夫とかの時代の人だと思います。
その後、ジュエリーの世界で今までお仕事をされたようです。
アールヌーボーに影響を受けてジュエリーの世界に入ったこともあり、それにこだわった展示でした。
しかしながら、ジュエリーは撮影禁止でした。
館内全体のテーマは、
「プライベートミュージアムにお客様をお招きする。」

和食器は、輪島塗り。フランス上流階級御用達のアビびビランド。(パンフレットより)




華やかなテーブルセッティング。

近くに寄ってマジマジ見ました。
おもむろにデジカメを出すと・・・

係りの人から注意を受けた
メグおばちゃんです。(汗)

近寄ってもよいのですが、
接写はダメだそうです。

この高級グラスの上に
カメラを落として、
グラスを割った来館者がいたそうです。

係りの方の厳しい目が光ります!!



館内の雰囲気と
ジュエリーのケース(右)
写真の右奥、人のいるあたりに
和の置物が・・・

うまく撮れませんでした。(泣)












べーリックホールを出る頃には、かなりお天気もよくなり、
蒸し暑い日となっていました。

山手にある女子校からは、リコーダーの音色や体育館での靴音やホイッスルの音が・・・



カトリック山手教会を左に見ながら・・・





一人散歩もそろそろ終わりに近づきます。

じゃ、今日はこのへんで・・・