03月 « 2008年04月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  » 05月

いつか行く道・・・

2008年 04月10日 17:54 (木)



雨降りの一日が終わろうとしています。
今日は用事で実家の母のところへ行ってきました。

今話題の後期高齢者のあの保険証が母の元にも届いていましたねぇ~!
説明書きが数枚同封してありました。
お年寄りには、なかなか内容を読みこなすのは難しいかもしれません。


先日、近所のお友達と久しぶりに立ち話に花を咲かせました。

彼女は、私と同い年、同じ7月生まれ、かに座の女性です。(それが何ってこともありませんが・・・)
娘の同級生のお母さんでとても話が合うのです。

彼女には80歳を少し超えたご両親がいます。
耳が遠い意外は特に悪いところはないそうです。

しかし、お父さんは認知症がかなり進んできているとのこと。
彼女はいろいろ面白、可笑しくエピソードを話していました。
お父さんは、お母さんの姿が見えないと「どこ行った?」とヒステリックになり
探しまわるそうです。お母さんなしの生活はあり得ないそうです。
自分の娘や息子では信用できず、というより息子さんのことなどは、
「知らない人がうちに入って頼んでもいないことをやっている!」と言うそうです。


最後に私が衝撃を受けた事実がこれです。
お父さんがTVで認知症のニュースを見ていて(耳が遠く字幕を見てのこと)


「可哀そうだねぇ~!認知症になって・・・たいへんだねぇ~!」と・・・


少子化についてもいろいろ問題がありますが、
高齢者についての問題も課題が多いようです。

私の知人・友人にもヘルパーさんの資格を持ちながらも過酷な仕事に耐えられず
その職を断念したり、
資格だけ取って考えなおし、他の職についたりしている人がいます。

バスに乗っても、年配の方がさらに自分より年配の方へ席を譲ったりする場面に
よく遭遇します。

私にも81歳になる母がいるわけで、いつ介護する立場になるかわかりません。


いろいろな立場でこの高齢化社会について考えてみる必要があるなぁ~と
思いました。身近な問題として・・・

じゃ、今日はこのへんで・・・