10月 « 2007年11月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  » 12月

紅葉を求めて!大山へ・・・

2007年 11月19日 16:23 (月)

11月18日、日曜日。

最高の行楽日和となりました。

私たち夫婦は、朝7時半、大山を目指して車で出発。

大山は、古くから山岳信仰で庶民に親しまれていたそうです。また豆腐料理・猪なべなども有名です。

落語の題材にもなっている神奈川を代表する山の一つです。

まず、大山に行く道すがら、ちょっと寄り道です。

日向薬師


こちらも山里にある静かなところです。

境内はお掃除の最中で、足跡をつけるのも申し訳ないようです・・・まるで職人技のような感じさえ・・


古くは、源頼朝がお参りしたといわれる由緒あるお寺です。

屋根は茅葺です。











8時半日向薬師を後にした私たちは一路、大山へ・・・

大山到着


さすが、行楽シーズンです。車もいっぱいです。

私たちは、年に一回程度大山を訪れていますが、今までこんな人出は見た事がないほどでした。

どうにか駐車場を見つけました!さあ歩きます。

以前は、山頂まで歩いて登ったこともありますが、今日はちょっとケーブルカーの

お世話になりま~す!

大山(標高1252m)をハイキング




お土産屋さんのある
坂道&階段を上り
ケーブルカー乗り場へ



空が綺麗です。
飛行機雲も見えます。



前を行く立派なカメラを
持つ男性が何かを狙ってます。
私も後に続きます。
同じ物を狙ったかは
不明ですが・・・












ケーブルカーに乗り、大山の中腹の阿夫利(あふり)神社に到着です。
この神社は農耕民の間では、雨乞いの神としても有名です。



今まで何度もここを訪れましたが、こんなにお天気がよかったことがありません。
最高の眺めでした。


























本日は、山頂を目指しませんので、ここで下山です。





恐怖の下りの男坂




たいしたことないように
見えますが・・・















大山には、女坂、男坂という登山道があります。

女坂は比較的穏やか、男坂は険しいものです。

女坂は以前経験しているので、今回は男坂で・・・

コレが大変な事に!

急な下りの階段です。昔からの石の階段です。

風化や地盤の変化ですご~く歩きにくいのです。

もちろん登ってくる人達もいます。上りもかなり急ですが、

下りの方が恐いです。たった20分の下り坂を降りただけなのに

足がガクガクでした。平地を歩いてもガクガクでした。

翌日の筋肉痛は昨日の下山直後に予想がつくほどでした。

そして、本日予想通りの筋肉痛。

登りは、ケーブルカーで帰りは紅葉を見ながら下山という計画はどこかへ・・・

紅葉を楽しんだのは、あの阿夫利神社でだけとなりました。

今回の紅葉見物の一番の思い出は、今も痛いこの筋肉痛でした。あ~あっ!








お・ま・け~~~



トイレの貼り紙。
ごいっしょすることは
ありませんでしたぁ~!