09月 « 2007年10月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 11月

最近、何か本読みましたか?

2007年 10月31日 16:24 (水)


本日の横浜は、雲の多い空です。雲の間からほんのちょっぴり青い空が、顔をのぞかせています。

明日は、また雨の予報です。

女心と秋の空という具合なのでしょうか?!


読書の秋と言いますが、あなたは、最近何か本を読みましたか?

私の読書タイムは、もっぱら電車の中なんです。


最近読んだ本でお気に入りは、東野圭吾氏の「手紙」という作品です。


私はもともとあまりミステリーは好みではなかっので、読んだことはありませんでした。

ある時、本屋さんで東野氏の作品を手にとったときが、はじめてだったかもしれません。

以前読んだ作品はバリバリ推理ものでしたが、文章も読みやすく面白いものでした。

2~3冊立て続けに読んだ記憶があります。その作品は、ストーリーの三分の二までは、

真相解明までの手がかりが、坦々と描かれています。残り三分の一がジェットコースターのごとく

展開していくものでした。

この「手紙」については、映画化されていることもあり、多くの方々がストーリーについては

ご存知かもしれませんが、推理小説ではありません。

殺人事件の加害者が、主人公の兄であり、その事件も弟を思うがために

犯してしまったというものなのです。

加害者の家族が加害者同様、いいえ、それ以上に世間からの差別を受け、

その差別の中で主人公が苦悩し、兄に対する最後の決断をくだすまでの心情が残酷なほど正直に

描かれているのです。

その兄と弟の間で交わされる手紙がこのストーリーの重要なポイントになっているのです。


東野氏の文章は、私の周波数に合っているとでも言うのでしょうか、なんだかしっくりくるのです。

彼の作品に引き込まれて、電車の音も人の話声も聞こえてこなくなります。

いつもなのですが、読み終わる頃が近づくと「次は、何にしよう?」と思っています。

ミステリーというジャンルにこだわらず多才な東野圭吾氏が最近のおすすめです。

残念ですが、私は彼の作品の映画、TV、DVDはどれも見ていません。

作品を自分の想像の世界で楽しんでいます。


皆さんも好きな作家、好きな本、思い出の一冊ありますか?

じゃまた、あ・し・た・・・・!