08月 « 2007年09月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  » 10月

「事件は堤防でおきているんだぁ~!」 三浦・三崎港編

2007年 09月10日 16:49 (月)




朝、5時。

小物釣り師の夫婦は、三浦半島は三崎港のある堤防に陣取っておりました。

台風のあと、海の状況が変化しているかもと思いながらも

港内でいわしが釣れるとの情報を聞きつけ、のこのこやってきたのであります。

釣り人もそれほど多くなく、好きな場所が選べる時間でした。

早速、釣り糸をたらすことに・・・

見えます、見えます。小魚がいっぱいです。

私は、師匠(夫J氏)に小物ねらいの仕掛けをセットしてもらい

「それっ!!」

入れ食いですね!ねんぶつだい




しかし、本日のねらいはいわしです。

いわしの群れもたびたび回ってきます。

海面ではねて、姿をみせるほどたくさんいます。

でも、なかなか<たな>が合わず(深さによって、微妙にいるお魚が違います。)

ねんぶつだいうみたなごばかりです。

そんな私に師匠が文句をつけてきます。

「なにやってんだ!!」「工夫がないなぁ!」「群れがいっちゃったじゃないか!」

私もなんとかかんとか、へりくつで、ちょっと険悪!

しかし、ある時をきっかけに、うるめいわしがどんどん釣れるようになり、

師匠も私もごきげん!



仕掛けの関係でしょうか、意外にまわりの方々は苦戦している様子でしたので、

ますます我々は調子にのっていました。

2時間くらい経った頃、師匠がトイレに行って、堤防で一人になった私!その時です。

事件は堤防でおきたのですぅ~!!!





陣地のまわりを片付けていたメグおばちゃん。

なんと置いてあった竿を蹴っ飛ばし、海へ落としてしまったのです。

さあ、困った。人生最大のピンチ!

まわりをきょろきょろ。海面をのぞくと、5mの竿がゆっくりと流されていくじゃないですかっ!

堤防に近づいてはまた離れていく、我が家の竿。頭の中でいろいろな思いが・・・

新しい竿を買って、許してもらおう。こっぴどく怒られるぅ~!

海をのぞきこむ。「あ~~っ!(泣)」「近づいたっ。」「また、離れていくぅー!」

さらに干潮になりつつある時間。堤防と海面の高さはじわりじわりひらくばかりです。

師匠に怒られることはもちろんですが、何より他の釣り人の方々に迷惑がかかります。

本日の釣りもこれで終わりです。

竿をこのままにして立ち去るのも心苦しいのです。

師匠のトイレも往復で10分。この時間の長かったこと・・・

時間がたつほど、なんだかドキドキしてきます。

遠くに師匠の姿が見えたとき、思わず手招きする私。

師匠はそんな私を見て、よっぽどの大物かあるいは、他の釣り人とのトラブルかと思ったそうです。

事の次第を把握した師匠は、自分の釣竿とその釣り糸で

落ちた竿の糸をからめて、ひっぱりあげる方法で、我が家の竿を救出したのでありました。

そんなに怒られることもなく、胸をなでおろすおばちゃんでした。

当然のことながら、この日の釣りはここで終わりとなりました。


本日の釣果



本日の夕食:いわしのお刺身、オイルサーディン、いわしのから揚げ



もちろん本日のシェフも、師匠です。


どきどき、はらはらの釣りでしたが、なかなかの釣果だったので、満足でした。

また、来週行こうかなっ!!!

先週、体調をくずした私にお見舞いコメントをくださった皆様。

体調回復とともに、じっとしていられなくなった、少年のようなおばちゃんを

お許しください。

これからも体調管理には十分気をつけて、過ごすことを誓いまーす!

どうぞよろしく!!