07月 « 2007年08月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 09月

おばちゃんの夏休み<伊豆熱川温泉の巻>

2007年 08月17日 16:37 (金)

な~んかすごく暑い日が、続いていますね!

夏好きな私もさすがに閉口気味であります。

一週間ほど更新をお休みしていましたが、また本日より再開です。

どうぞよろしくっ!!

おばちゃんがどんな夏休みを過ごしたのか、

皆さんの興味の有無に関わらず、自己満足夏休みの思い出を語ります。

それでは、はじまり・・・


◆おばちゃんだって夏休み◆

             

休日の我が家の朝は、早い。

しかし、この日(8月11日)は、世間の人々の朝はもっと早かった!!

私たち(夫J氏・娘・私の実家の母・そして私)は、朝7時、東伊豆を車で目指したのであった。

帰省・行楽のピークでたいへんな混雑。これは、覚悟していた。しかし、それは想像以上だった。

それでも、久しぶりに家族旅行参戦?の娘と

ボケているようないないような老婆のジョークでにぎやかに、ゆっくりと伊豆熱川へと向ったのだ。

横浜の自宅を出て、あまりの混雑で先行き不透明なので、まず西湘バイパスの西湘PAで小休止。




次に<道の駅伊東マリンタウン>で11時。簡単にお昼をすませ、目的地へ・・・

その途中、城ヶ崎あたりで、この看板に出会う。

なんだこれ?




結局、目的地に着いたのは、2時だった。









チェックインが3時だったため、明日の遊び場を下見。

シュノーケリングが大好きな夫J氏と娘。なかなかの場所を見つけたのだった。(穴切海岸)





今回は、はじめて国民宿舎なるものに泊まってみた。

諸事情によりなぜかここ。恐いもの見たさじゃないが・・・

このハイシーズンに宿泊代が異常に安い。

もちろん、施設はかなり老朽化。これも想定内。食事もまあだいたい予想通り。

しかし、源泉かけ流しの温泉は気持ちのいいものだった。81歳の母も満足のようだ。




この安さで、お布団も敷いてくれるのである。なんだか国民宿舎に似合わないサービス。

今までは、西伊豆専門で東伊豆はあまり来たことがなかったおばちゃん。

夕食までの間、思ったよりこじんまりした温泉街を歩いてみた。

夫J氏は、ある干物屋さんで、なんともそそられる立て看板を発見。





暑い夏の午後には、どうやら堪えられないもののようだった。帰るまでには、どうしても・・・

夕食後、夫と私はまたまた夜の温泉街へ。7時半くらいなのに閉店のお店が意外に多い。

生まれてはじめて、射的なるものをやってみたおばちゃん。なかなか面白いものだった。

就寝前に2回目の温泉に入り、気持ちよく床に就いたのだった。

二日目は、夫J氏は得意の早起きで、陣地取り。なかなかの場所を確保。

荷物の番人となる母のためには、日陰で最高の場所。


朝食をすませ、いよいよ海に入る。

夫J氏と娘は、シュノーケルと足ひれをつけ、すいすいと・・・

私と言えば、浮き輪で出発。二人の速さにはとてもついていけず、なんとも情けない・・・

足元に冷たい海水が「すっー」と流れ込んでくると、こわいような気さえする。

やっぱり、私はプール向きかな?!最近のサメ騒動なども脳裏をかすめる・・・

それでも、せっかくなので、何回か海に入ったのだった。






3日目の朝、いでゆひもの店で母は、近所のお友達におみやげを買い込んだ。

お店の奥で手を振る娘。





楽しかった2泊3日の家族旅行を語りながら、帰路についたのだった。





おばちゃんの夏休みはまだまだ続く・・・