06月 « 2020年07月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 08月

金沢八景そぞろ歩き

2020年 06月04日 15:28 (木)

こんにちは!メグおばちゃんです。
コロナ渦の中、社会が動き始めました。
相変わらず課題がたくさんある中、
皆さんは、どのようにお過ごしでしょうか?

さて、こんなご時世ではありますが、
先日、マスクしっかり着用で、
横浜市金沢区の金沢八景辺りを散策してきました。


金沢八景は鎌倉時代から景勝地として知られていて、
そのいくつもの入り江の景色が美しく、
江戸時代には歌川広重の絵画にも描かれるほどでした。

現在は昔描かれていたような景色は埋め立てで、
かなり変わったといわれています。
それでも現在でも見どころがあり、
歴史散歩良し、簡単な釣り良し・・・

また、潮干狩りで有名な野島公園内には、
伊藤博文の旧別邸があります。(過去記事→
海の公園や八景島シーパラダイスや関東学院なども
金沢八景エリアにあります。

そうそう、【釣りバカ日誌】のロケ地・船宿<太田屋>などもあります。
金沢八景がググッと身近に思えてきませんか?


さて、私たちの今回の散策は、まず瀬戸神社から・・・(昨日の記事→

次に立ち寄ったお寺があったのですが、
ご時世ですね。こんな感じになっていました。

金沢八景



金沢八景

可愛い御朱印がいただけるようです。
近いうちにまたチャレンジいたしましょう。


お寺をあとにした私たちは、野島公園を目指しました。
道すがら、バラを観たり、季節の紫陽花を愛でたり、
マスクが少しうっとうしくなった頃、野島公園に到着!


金沢八景
シーサイドラインと釣り船
「浜ちゃ~ん!」


金沢八景




金沢八景


野島公園は、子供たちと潮干狩りをしたり、釣りをした思い出の場所です。
公園内にある展望台に今回は行ってみることにしました。
寄る年波・・・思ったより展望台への道はつらかった!


金沢八景



金沢八景

眼下には八景島シーパラダイス、遠くには横浜ベイブリッジが見えました。
お天気が良ければ、もっといろいろな所が見えたのになっ!


金沢八景

展望台から坂を下る途中、土手にきのこ・・・
人が触れない場所の切り株に、綺麗な姿で生きていました。
なぜか心惹かれて、パチリ!


野島には、釣り船屋さんがたくさん軒を連ねています。
そんな中に海苔の名店があります。

金沢八景

初めて立ち寄りました。
シンプルな海苔をはじめとし、バリエーション豊かな種類の中から
目移りしてどれを購入するかちょっと迷いました。

決めたのはコレ!

金沢八景

焼きのりは、その晩の手巻き寿司に、
海苔の佃煮は、
○○屋の江戸むらさきとは、
一味も二味も違った味わいでしたよ。
海苔感?があり美味しいです。


お天気はすっきりしませんでしたが、
10000歩越えのいい運動となりました。



じゃ、今日はこのへんで・・・




瀬戸神社のアジサイ(金沢八景)

2020年 06月02日 15:00 (火)

金沢八景

京浜急行<金沢八景>駅近くにある【瀬戸神社】

源頼朝が伊豆・三嶋大社の分霊をこの地に祀ったことから
始まったといわれています。

神社にお参りして、
「金沢八景辺りを散策しよう。」と計画していましたが、
こちらの神社で思わぬアジサイのお花の歓迎を受け、
ついつい長居しました。

咲き始めのヤマアジサイが、ずらっとありました。

金沢八景





金沢八景
伊豆の華




金沢八景
白風車




金沢八景
乙姫




金沢八景





金沢八景




金沢八景
紅てまり



金沢八景





金沢八景



「もうこんなに咲いているのね!」
 
季節のお花を愛でることができて、
なんだかお得な気分になった日曜日でした。






懐かしくないですか?2015年の「港の見える丘公園のバラ」

2020年 05月22日 17:04 (金)

2015年港

現在はイングリッシュガーデン風に造り変えられている
【港の見える丘公園】です。
写真は、2015年5月の横浜山手【港の見える丘公園】の花壇の様子です。

現在の姿もさわやかでおしゃれな花壇ですが、
花園的な以前の花壇が私のお気に入りです。

このエリアは、私のブログ生活の原点でもあります。
西洋館・外人墓地があり、近くには元町や中華街もあります。
観光地としても全国区ではないでしょうか?


今年の春のお花は新型コロナのため、
全国的に観光施設や公園が立ち入り禁止となり、
多くの人の目に触れることなく、
チューリップもバラも菖蒲もどんどん見頃が過ぎていってます。
残念ですね。
来年は、多くの人に癒しを与えられるように、
また綺麗に咲いてほしいものです。


我が横浜市は、院内感染とはいえ、
感染者がいまだに47都道府県で最悪です。
そんな横浜ですが、
春のお花の一大イベント、
ガーデンネックレース・横浜2020の公式HPで
動画がアップされています。
(当然ながら現在中止のイベントです。)

【山下公園】、【港の見える丘公園】、そして我が町【里山ガーデン】の様子を
お時間があるようでしたら、のぞいてみてくださいね。



じゃ、今日はこのへんで・・・

ガーデンネックレース。横浜2020→ 





二人ぽっちの梅まつり(保土ヶ谷公園)

2020年 02月17日 14:25 (月)

本日は良いお天気の横浜です。
新型コロナウィルスの国内罹患者は、
もはや多数のようです。
できる限りの自衛策で見えない敵に立ち向かいましょう。
せめて多くの人が検査を受けられるような体制になればいいですね。


さて、昨日は雨の日曜日・・・
出歩くのが好きな私たち夫婦も
さすがに遠出はしませんでした。

と言っても、モーニングにでも行こうということで、近場へ・・・
モーニングというか吉〇屋の朝定食なんですけどね。
朝からどんぶりのご飯を食べちゃったメグおばちゃんでした。

満腹になった私たち、
雨が小降りになったので、
車からでも保土ヶ谷公園の梅を見てみようということになり、
現地に向かいました。

保土ヶ谷公園の梅園は現在<梅まつり>開催中。
しかし、さすがに誰もいませんでした。(笑)

保土ヶ谷

いろいろな種類の梅が咲いていました。
今年は暖かい冬のせいか、
散り始めているものも多く見られました。


保土ヶ谷

雨は小雨から本降りに・・・
「やっぱり私たちってもの好きかしら?」と話しながら、
帰る方向に歩いてました。
するとカメラを持った男性が一人・・・お仲間さんでした。


ちょっと寂しい雨の朝の梅見でした。



じゃ、今日はこのへんで・・・





人気ブログランキング

にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ

神社仏閣巡り④ 横浜瀬谷八福神めぐり

2020年 01月21日 17:13 (火)

こんにちは!メグおばちゃんです。
今日も良いお天気の横浜でした。


さて、本日のお話は、
先日、歩いた横浜瀬谷八福神めぐりの最終回です。

横浜瀬谷八福神めぐり  ★★ ★★★


各地にある七福神に加えて達磨大師を仲間に入れて、
こちらでは八福神としています。

御朱印は、相鉄線が用意した冊子の中に自分で押すぺージがあります。
瀬谷八


瀬谷八


私たち夫婦は、二日に分けて、八福神めぐりをしたのですが、
本日は最後の二か所をご紹介します。



【宗川寺】

七福神の中の幸福・財宝・長寿担当の<福禄寿>が祀られています。

瀬谷八

山門後ろの二本の銀杏は、夫婦銀杏と呼ばれています。


瀬谷八

こちらは日蓮宗のお寺です。


瀬谷八

お掃除の行き届いた境内でした。
手入れがいいお庭は、
お参りする者の心も正されるようです。

こちらは午前8時~午後16時まで、
鐘を自由に突くことができます。
(もちろん常識内でね。)
この日は誰も突いていなかったので、
境内は、シ~ンとしていました。

先陣を切って我が夫J 氏が「ゴ~ン」、
続いてメグおばちゃんもちょっと恥じらいながら「ゴ~ン」、
静寂の中、ちょっとだけ思い切りが必要な鐘突きでした。

その後、次から次へと人が入れ替わり、立ち替わり
ゴ~ン、ゴ~ンゴ~ン・・・

ベンチもあり、休憩ができるお寺でした。




さて、いよいよ八福神、最後のお寺へ向かいます。
【宗川寺】から少々歩くことになります。


徳善寺別院【全通院勢至堂(せいしどう)

こちらには、
智恵と長寿を約束してくれる神<寿老人>が祀られています。
(ご本尊は、勢至菩薩)

瀬谷八

やっと辿り着きました。この脇の急な階段を昇ると・・・


瀬谷八

左の男性たちは、お参り後に御朱印スタンプを押す順番待ち。

正面の勢至堂は、元々の創建こそ年代不明ですが、
本堂建物は1797年に建立されたものだそうです。(証拠あり)
200年以上の建物・・・きちんと手入れをすれば、長く持ちますね。





この横浜瀬谷八福神めぐりを歩いてみて、
鎌倉古道や東海道が整備される前の中原街道(平塚~虎ノ門)が
この身近な「瀬谷」という町と深くかかわっていたことを知ることができました。

教科書だけでは知り得ない歴史・・・
点の知識が線になった時・・・
歴史は、おもしろい!






地域限定・自己満足・備忘録的な記事に
長々とお付き合い下さいましてありがとうございました。


横浜八福神めぐりは、1月31日(金)まで。
八福神めぐりとタイアップした地元飲食店で、
特別サービスが受けられます。(御朱印一つから)




 
写真日記ランキング



にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ