01月 « 2020年02月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29  » 03月

♪【花見山公園】散策エトセトラ・・・

2019年 04月18日 17:58 (木)

5月並の気温になった本日の横浜です。
もう、冬もののお洋服をとっておかなくてもいいかな?


さて、本日のお話は・・・
先週の日曜日に訪れた【花見山公園】の続きを
まだ引っ張ってます。
参考記事 

【花見山公園】の人気は、
山いっぱいに咲くお花はもちろんのこと、
この時季、遠くに雪山を眺めることができることも
その要因となっていると私は思います。

花見山 274 (1)

2時間ほどの散策を終え、
小腹が空いた私たち夫婦・・・
お休み処でほんのり桜色したおうどんをいただきました。
桜の塩漬けも春らしい感じの仕上げです。
桜の塩漬けはお麩の近くにちょこっとです。


20190414_094212951.jpg

そういえば、桜の塩漬けの多くは、神奈川県の秦野市で作られています。
参考記事→


お休み処の近くにも綺麗なお花が咲いていました。

花見山 276 (1)


花見山 282 (1)


花見山 289 (1)


最後に、お土産も購入!

20190414_174731653.jpg

コレ何の実かお分かりでしょうか?
最初は青梅?と思いましたが、青梅はたしか毒?
試食をして結局、予定より多く買うことになったのですが・・・

20190414_174356433 (1)

簡単にいうと、桃の赤ちゃんです。
シロップで味付けしてあるので、ちょうど桃の缶詰のようなお味です。
1袋買うつもりが、販売の女性に丸め込まれて、
結局3袋買いました。もちろん割引で購入!
お店の人とのやり取りもまた、旅の思い出かな?


感動の【花見山公園】記事も本日で終わり・・・

長々と失礼いたしました!



写真日記ランキング


にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
にほんブログ村


♪【花見山公園】のお花たち

2019年 04月17日 18:19 (水)

春の暖かさが続いている関東エリアです。
このまま10連休に突入でしょうか?
10連休といえば、「ラッキー!」と思っている人が
どれくらいるのかな?
なんて思う春の日です。

さて、本日のお話は・・・
福島県福島市の【花見山公園】を訪れた時のことになります。
今までいろいろ、お花の綺麗な場所を見てきましたが、
ここはその中でも上位にランクインです。
いえいえ、1番かもしれません。
標高110m~180mの低い山ですが、
その約5haの敷地には、それはそれはカラフルなお花がこの時季、
咲き乱れています。
全山を遠くから見るのはもちろんのこと、
山の中を歩くと感動の連続です。

花見山 097

レンギョウと花桃


花見山 104

桜と花桃


花見山 114

木瓜とレンギョウ


花見山 110

もうこうなると、お花好きにはこたえられない風景です。


花見山 106


今日も【花見山公園】は花見客で賑わっていたようです。
この季節がピークと思われますが、
これからも次から次へとお花は開花していくようです。


つづく・・・



写真日記ランキング


にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
にほんブログ村



♪本当にあった【桃源郷】・・・福島市・花見山公園)

2019年 04月16日 15:30 (火)

良いお天気の本日の横浜です。
このまま、暖かい春の日が続きますように・・・

さて、本日のお話は、昨日の続きです。
昨日の記事

13日の土曜日に横浜を出発、その晩は郡山泊。
翌朝14日日曜日は、朝ホテルを6時出発。
そして、「福島の桃源郷」近くに到着したのが、朝7時。
7時から運行する花見山公園行きのシャトルバスに乗車。
「自分たちは現地に一番乗りレベル?」と思いきや、
すでに予想より多くの人が訪れていました。

その「福島の桃源郷」は、期待した以上の場所でした。

花見山 040 (1)

こちらはまだ【花見山公園】内に入る前の景色です。
菜の花、白モクレン、レンギョウ、木瓜、桜に桃がまさに満開の時を迎えていました。

花見山 056


花見山 057

【花見山公園】は福島市にある花木農家さんの集落が一般開放されている地域です。
「自分たちだけで見るのはもったいない。」ということで、
一般開放されてから今年で60周年。
この時季は、本当にカラフルで素晴らしい景色が見られます。
テレビやネットで見た以上の満足感が得られます。


花見山 256

全山、歩いても1時間くらいです。
花見山を離れた所から眺める花の谷コースを散策すると、
この地域の良さがより分かります。

明日は、【花見山公園】内のカラフルなお花をアップしたいと思います。



写真日記ランキング


にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
にほんブログ村


♪季節のお花を追いかけて・・・

2019年 04月15日 17:46 (月)

暖かくなった本日の横浜です。
この春の寒暖の激しさにようやくピリオドでしょうか?


さてさて、本日のお話は・・・

13日の土曜日、仕事を16時に強制終了して、
一路福島へ・・・
少々強行軍ではありましたが、季節のお花を楽しんできました。

横浜の仕事場から都内を通って、
東北自動車道を順調に進んだ私たち夫婦。
佐野サービスエリアで小休止。
少し薄暗くなり始めていましたが、
佐野サービスエリア付近の桜がとてもきれいでした。
小腹が空いたので、佐野ラーメンでも・・・といきたいところですが、
郡山のホテルにとにかく早くチェックインしたかったので、
すぐに食べられるお煎餅を購入。


20190414_162434180.jpg

先を急ぐ私たち・・・
高速は順調で、20時には郡山のホテルに着くことができました。
郡山を訪れたのはお初!

郡山の駅近くで夕食が食べられる所を探しました。
翌朝、6時出発を予定していましたので、
簡単に食べられるお店を探しました。
あるお店に入店!
しかし、ラストオーダー20時半、21時閉店。
急いで、食べたのが、コレ!

20190413_203744424.jpg

残り時間は、約15分ほどあったのですが、急いで完食!
お店の人は閉店準備に入っていましたので、
なんだか、せかせかした感じの夕食になりました。


朝5時起床に備えて、午後22時には就寝。

寝ぼすけの私ですが、
その日ばかりは、遅れることはできない!
しっかり5時に起床、6時出発を実行したのでした。

そして郡山をあとにして、
私たちは「福島に桃源郷あり」と言われている場所へと
向かったのでした。


エッ?!これで終わり?
な~んかタイトルと違うじゃない?これって見て見て詐欺?
いえいえ、次回からはメグおばちゃんが見た「福島の桃源郷」の写真を
ご覧いただこうと思います。どうぞよろしく!

つづく・・・


写真日記ランキング


にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
にほんブログ村




♪常磐道を北へ・・・(旅・第1日目の1)

2015年 08月17日 18:29 (月)



お盆休みも終わり、
今日からまた通常通りの生活が始まった方が多いかと・・・
メグおばちゃんもそんな中の一人!
今日からまた仕切り直し・・・
お仕事を頑張ろうと思っています。

さて、本日のお話は・・・
このお盆休みに訪れた東北・宮城県のことが中心になります。

宮城県仙台市は、今から15年位前、
我が夫J氏がサラリーマン時代に3年間、
単身赴任していた場所です。
私もその間、何度か訪れたことがあります。

東日本大震災以後、夫J氏は仙台やその周辺地域のことを
気にしていました。
風光明媚な海辺の風景が失われたこと・・・
仕事仲間が被災したこと・・・
折にふれ、気にしていました。

いつかまた、訪れてみたい・・・そんな気持ちもあり、
震災後4年の今夏、仙台行きが実現しました。
物見遊山的な気持ちがまったくないと言えばウソになります。
しかし、今回は慰霊の気持ちを持ちながらの
旅にしていきたいと思いました。

  
★★


帰省ラッシュの渋滞を避けるため、
8月13日の午前2時過ぎに横浜を車で出発!

常磐道を北へ・・・

楢葉町・大熊町・浪江町・双葉町そして南相馬へ・・・
福島第一原発の事故のニュースでたびたび見聞きした地名。







除染作業で出た土砂でしょうか?
テレビで見たことのある黒い袋が数えきれないほど、
人けのない空き地に
きちんと並べられていました。
シートに覆われて・・・

雑草はどこでも同じで、この季節、
信じられないような生命力で、
その勢いをこの地でも見せつけていました。

ただ、あの日からとめどなく降り注ぐ見えない敵のために、
人々の生活と笑顔だけがことごとく、この地から奪われてたのでした。




ともすれば、時間の経過とともに他人事になっていく・・・
そんな自分の気持ちが、また2011年3月の時点に引き戻されました。
この地の人々の苦悩を100%理解はできないと思いますが、
そのつらい気持ちが人けのない集落から無言の圧力となって、
私にのしかかってきたような気がしました。

いろいろな思いとともに、このエリアを通過しました。




常磐道はさすがに早い時間だけあってスイスイでした。

午前7時には、宮城県塩釜市に到着!


まずは、夫J氏が大好きな卸売市場へ・・・
ここでは、よく魚介類を購入していたそうです。



お盆休み前日ということもあり、
すでに店じまいする店舗もありましたが、
多くの観光客や地元の人が訪れていました。



空いているように見えますが、
朝からお客さんが多く訪れていました。






本当だったら、美味しそうな魚介類を購入したいところ・・・
今回はまだまだ先がありますので、断念!


卸売市場をあとにした私たち夫婦は、
塩釜の【マリンゲート】へ・・・
こちらは松島観光の拠点であり、
松島湾の有人島へ向かう人のための船着き場となっています。
松島観光に行かれたことがある方は多いかも?





この【マリンゲート】の建物も津波の被害に遭いました。
↓こんなものがありました。



【マリンゲート】内の矢印の部分まで海水が来ています。

それでも港は震災から4年が経過していますので、
かなり回復しているように見えました。


この港からメグおばちゃんはどこへ?

松島観光は2~3回していますので、
今回は松島湾に浮かぶ小さな島々を巡ることにしました。




東日本大震災の際には、
松島の防波提的な役割を果たした浦戸諸島の島々・・・

島自体は津波による大きな被害を受けました。
しかし、そんな中でも亡くなられた方は少なかった島々です。

離島のため支援・救助が遅れたにも関わらず、
そこに暮らす人たちのチームワークで
つらい時期を生き抜きました。
そんな浦戸諸島を巡ります。




手前の船は松島観光船。
メグおばちゃんが乗るのは、その先の小ぶりな船です。


写真が全体に暗いでしょ?
お天気には恵まれませんでした。

傘持参の島巡り・・・いかに?



つづく





旅の備忘録として綴ります。
コメント欄は閉じています。
ご意見・ご質問がある場合はゲスブにどうぞ!