05月 « 2021年06月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  » 07月

2月の白笹稲荷神社のご朱印

2021年 03月18日 12:12 (木)

白笹


白笹


白笹

2021年の白笹稲荷神社のご朱印は豪華版でした。
本来、午の日だけに書いていただける午の日限定のご朱印を
コロナ禍の今年は、午の日に関係なく、
初午・二の午・三の午の3種類のご朱印をいただけるようになっていました。
これまた、ある意味、貴重な年です。

カレンダーの都合での午の日がないこともありますが、
2021年は、2月3日(初午)・15日(二の午)・27日(三の午)の3日ありました。




白笹

そして、定番の2月のご朱印は↑こちら


この日は4枚いただきましたので、
結構な出費・・・いえいえ、貴重なものをいただけて
感謝・感謝でした!


有鹿神社のご朱印

2021年 02月13日 15:28 (土)


神奈川最古の神社【有鹿神社】(海老名市)

奥宮は相模原市にあります。

有鹿

すぐそばには、こんこんと湧く湧水があります。(有鹿の泉)

有鹿



有鹿
中宮 (海老名市)



有鹿
本宮(海老名市)

今時ですね。マスクの狛犬さん!



有鹿







お正月のご朱印、1月のご朱印

2021年 01月12日 12:52 (火)


備忘録としての記事です。
 



2021年 お正月・1月限定 白笹稲荷神社

ご朱印

ご朱印

ご朱印




1月限定 相模原氷川神社

ご朱印

ご朱印





ヒノキのご朱印  亀ヶ池八幡宮

ご朱印

ご朱印

ほんのりヒノキの香りがする珍しい御朱印でした。
ちょっと高価で800円也!







修験道の聖地(八菅神社)

2021年 01月09日 16:49 (土)


神奈川県愛甲郡愛川町八菅山にある【八菅神社(はすげじんじゃ)

丹沢山系の東のはずれにある八菅山は、
明治時代の神仏分離までは、
関東でも有数の修験道の聖地とされていました、

奈良時代から伝わっているとされる
山伏の<火渡りの儀式>が現代でも3月に行われています。

昨年は新型コロナのためその儀式は中止でした。
今年の3月にコロナはどうなっているのでしょうか?

今回、こちらを訪れるのは2回目。
普段は無人の神社です。
お正月の4日までは、
祈祷や御朱印の授与や甘酒の振る舞いなどがあります。

前回は夏の終わりに訪れたのですが、
拝殿に続く300段ともいわれる階段が暑さできつかったと記憶しています。
今回は冬ですが、あれから数年・・・
運動不足と加齢による苦しさでした。
足がだる~い!


八菅



八菅

昼間でも薄暗い参道には灯が・・・
先が見えない階段です。


八菅

ちょっと振り返ってみると・・・
あ~っ!半分も登ってない!



八菅

ようやく拝殿が見えてきました。


八菅

お正月らしい雰囲気になっていました。

八菅
通常は無人です。


甘酒を御馳走になり、ご朱印もいただきました。
祈祷の合間に書いて下さるようで、
ちょっと待ちました。


八菅



いかにも霊験あらたかな雰囲気の【八菅神社】でした。





高部屋神社 (伊勢原市)

2020年 10月23日 15:38 (金)


国道246号線を松田町方面に進んで行く途中の左側に
気になる森がありました。
何やら、神社かお寺のような雰囲気でした。

ある日その場所へ行ってみることにした私たち夫婦でした。

高部屋


神奈川県伊勢原市にある【高部屋神社】です。
延喜式内社として平安期代より<神名帳>にその名を連ねています。
住吉神社系で海とは深い関わりがあるようです。

こちらの神社の創建の基礎となる、
底筒男命・中筒男命・上筒男命は住吉三神と呼ばれ、
大磯の照ヶ埼海岸に上陸したという謂れにちなんで
汐汲みの神事が例大祭の前に大磯で行われ、
海水・海藻(ほんだわら)・浜砂が【高部屋神社】に運ばれてきます。
そして例大祭の際、浜砂撒きの神事が行われるそうです。
平安時代から続くこの神事も
江戸時代の末期に途絶えましたが、
2017年からはまた復活しました。




高部屋
拝殿 慶応元年の再建(1865年)

この日、地元のスタッフが社務所に数人いらっしゃって、
神社について説明して下さり、
神社でのマナーや建物について、
いろいろ教えていただき、
今までの自分たちのマナーについて改めて考えさせられました。

↑の写真の拝殿の彫り物についても一つ学びました。

古い彫り物であるほど、彫り方が浅くデザインがシンプル。
凝っていて、複雑な芸術的なものほど新しいそうですよ。
なぜ?
刃物の発達の具合に影響されたそうです。

こちらの神社は拝殿の奥、少し間が空いた場所に、
本殿があります。


高部屋

正保4年(1647年)の再建ですが、関東大震災で倒壊しました。
しかし、旧材を使い昭和4年に再建されました。
狛犬の年号も見て下さい。
こちらも享保年間です。

こちらの神社を訪ねると、
歴史を肌で感じることが出来るような気がします。


私たちの滞在は30分位でしたが、
何人もの地元の方々が日常的にお詣りする光景を
目にしました。
地元に根付いた【高部屋神社】でした。


高部屋



高部屋



高部屋

しめ縄には、神事の時の海藻(ほんだわら)が編み込まれています。


高部屋



高部屋