04月 « 2020年05月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 06月

♪松島観光案内・・・バラと苔の寺【円通院】

2015年 09月04日 17:59 (金)


お寺にバラ・・・

ちょっと信じられない感じでした。
それは、日本三景・松島【瑞巌寺】のすぐお隣りにありました。


【円通院】
こちらのお寺は、【瑞巌寺】同様、
臨済宗妙心寺派のお寺です。
伊達政宗公の孫にあたる伊達光宗公の菩提寺です。
そして<松島の名庭園>としても知られているようです。






山門をくぐると左側に石庭が見えてきます。




この写真では分かりづらいですが、
松島湾に浮かぶ島の実在する七福神を表しているそうです。

知ったかぶりをして説明していますが、
ちょっとお勉強しました。(汗)

現地では、無料でガイドして下さる方がいらっしゃいました。
時間がある場合は、説明を聴くことをおススメします。


男性ガイドさんの服装がちょっと不思議でした。
お寺なのに、キリスト教?
(写真拡大できます。)

しかし、そのわけは・・・
どうやら・・・・・・・
のちほどねっ!




光宗公の霊廟<三慧殿(さんけいでん)>↑は、
国指定重要文化財となっています。

先ほどのガイドさんの服装ですが、
この光宗公の厨子に描かれているバラに関係があります。

唐突ですが・・・

伊達政宗の命を受けて、
ヨーロッパに渡った日本人・支倉常長さんという人がいました。
(はせくら)

ガイドさんの服装は、
その支倉常長さんを表わしていたようです。


余談ですが・・・

光宗公の厨子に描かれているバラは、
常長がヨーロッパから持ち帰ったローマの象徴のバラ。
それが丹念に描かれているそうです。

バラの他にもアカンサス、ガーベラ、水仙
トランプのスペードなどが厨子に描かれているそうです。



支倉常長像(仙台市博物館 蔵)


~慶長遺欧使節~
1613年(慶長18年)仙台藩主伊達政宗公が、
仙台領内でのキリスト教布教容認と引き換えに
メキシコとの直接貿易を求めてスペインやローマ教皇のもとに
派遣した使節団がありました。
その日本人の代表が支倉常長でした。
彼の功績と7年に及ぶ航海は、
当時の幕府のキリスト教弾圧などに阻まれ、
目的を達することができませんでした。

宮城県慶長使節船ミュージアム<サン・ファン館>HP参照(内容&肖像画)


ごめんなさい。長々と・・・


こちらのお寺のお庭は素晴らしかったです。
雨上がりで木々もイキイキしていました。














こちらのお寺内にも洞窟群がありました。(約700年前のもの)




~バラの庭~
(仏教とキリスト教の出会いを表現)

土壌改良中で例年通りの秋バラが、
今年は見られないとHPに載っていました。




トゲのあるお花は仏花にふさわしくないと認識していたので、
こちらのバラ園を目にしたときちょっと驚きました。

そして、この日は僧侶らしき男性が、
バラの手入れもされていました。
バラ園と僧侶・・・先入観ですが、違和感があり!(笑)

そのへんの説明もガイドさんのお話を聴くことができると、
すんなり受け入れられたのかも・・・



サギソウにも出会えました。







水連も・・・



紅葉の季節には庭園内をライトアップするようです。



見どころ満載!お庭が素敵な松島【円通院】でした。




ご朱印は、見ての通り左です。



【円通院】のHP→

♪松島観光案内・・・【瑞巌寺】

2015年 09月02日 17:09 (水)


ハイハ~イ!メグおばちゃんです。
蒸し暑くなっている本日です。
現在はお日さまが出ていますが、
最近は突然の集中豪雨に見舞われたりします。
どうぞ
お気を付け下さいね。

さて、本日のお話は、
宮城県・松島にある【瑞巌寺ずいがんじについてです。
コメント欄は閉ていますので、
どうぞガイドブックでも見るような感じでどうぞ!


伊達政宗公ゆかりの【瑞巌寺】は只今、
平成の大改修工事中に付き、
残念ながら本堂は見学できませんでした。

しかし!

仮本堂(大書院)にて、
通常非公開の御本尊や伊達政宗の位牌などが
間近で見られるという期間でした。

伊達政宗公の正室の陽徳院御霊屋(おたまや)
特別公開となっていました。

拝観料700円と少々お高めですが、
見どころ満載!


それでは、ご案内しましょう。


平安時代の初めに創建された【瑞巌寺】ですが、
鎌倉時代・室町時代と栄えましたが戦国時代には、
勢いを失っていたそうです。

その後、江戸時代を迎え、伊達政宗公の出現により、
現在の広い敷地の【瑞巌寺】になったとのことです。




入口です。ご朱印をいただく方は、
始めにこちらでご朱印帳を預けておきます。
見学中に記帳しておいて下さいます。





故人を供養するための石仏や五輪塔が岩肌に彫られています。
江戸時代に供養場として掘られたと推測されています。
(江戸以降の供養塔がほとんどだとか・・・)

しかし、松島は古来から「奥州の高野」と言われ、
霊場となっていたそうです。
鎌倉にも「やぐら」という洞窟のようなものが
岩に掘られていますね。
そのことを思うと洞窟自体は江戸時代より前?

な~んて、よく分かりませんが、
いにしえに思いを馳せるメグおばちゃんでした。




参道の両脇に植えられえていた杉も
東日本大震災の津波の被害を受け、
現在は再生工事中です。
土壌改良からです。大変なことですね!



伊達家の位牌



はい!左が工事中の本堂(国宝)






大書院(仮本堂)
通常非公開です。かなりそばで貴重なものが見学できます。
写真右(右から2番目が伊達政宗公のお位牌です。)



御本尊
聖観世音菩薩


御本尊を写真に撮ることができるなんて、すごい!
こんなに近くだし!
フラッシュは厳禁ですが、写真撮影は許可されています。



伊達政宗公の正室・陽徳院の墓堂



平成18年から3年かけて、
創建当初の豪華絢爛な姿に復元されたもの。
造営は、美意識の高かった政宗公と言いたいところですが、
孫にあたる綱宗によるもの。



さて、【瑞巌寺】のご朱印は・・・



右が【瑞巌寺】のご朱印です。
左はお隣さんの【円通院】のご朱印です。


じゃ、今日はここまで・・・

お庭が素晴らしい【円通院】はまた後日!






【瑞巌寺】の平成の大修理は、平成30年3月頃まで。
記事中の説明文は、
【瑞巌寺】HP・拝観リーフレットを参考にしています。

♪ご朱印いただきました!

2015年 08月29日 15:59 (土)


夏の終わりに秋を感じている今日この頃です。
体調を崩しがちですね。
健康管理には気をつけましょう。

さて今夏、メグおばちゃんは東日本大震災の被災地巡りを機に、
またご朱印をいただくことを再開しました。
慰霊の旅をきっかけに始めるのもいいかなと考えました。

その第一弾は<塩竃神社(しおがま)です。

宮城県のほぼ中央、塩釜市にある神社です。

東北鎮護・陸奥国一之宮
          志波彦神社(しわひこ)・塩竃神社しおがま)

<塩竃神社>の境内には、二つの神社があります。
その歴史や起源にふれるととっても難しいので、
ここではサラッと神社の様子を見ていくことにしましょう。

いつできたのかは不明のようですが、
<塩竃神社>があり、
そののち志波彦神社>が出来たようです。
(塩竃神社は平安時代初期からとの説があるようです。)











高台にある神社からは海が見えました。
あの日ここから、海を眺めた人もいるのでしょう。



国指定重要文化財



狛犬さん(左)のお顔、特徴がありますね。



狛犬さん(右)はちょっと怖いですね!


朝8時半前だったので、参拝の人も少なく・・・
しかし、動きが怪しいカップルが3組。
メグおばちゃんたちも含めてね!

境内をウロウロ・・・
8時半が過ぎた頃、その意味が判明!
やっぱりご朱印をいただきに訪れたカップル3組でした。



こちらのご朱印は、二枚で一組でした。
30代~40代の男性がササッと書いて下さいました。








本殿



商売繁盛の牛さんは、可愛いお顔をしています。







そこは、雨に濡れた深い緑が社を守っているかのようです。
朝の空気とともに神聖な気持ちになれる場所でもありました。


そんな塩竃神社訪問でした。