06月 « 2020年07月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 08月

バナナはお好きかしら?

2020年 07月07日 16:02 (火)


こんにちは!メグおばちゃんです。
九州の洪水、被害が拡大していますね。
今は言葉でしか気持ちを表せませんが、
被災地の方々にはお見舞い申し上げます。
最近の災害はいつどこで起きても不思議ではないです。
梅雨末期の大雨、まだまだ気をつける必要がありますね。


さて、本日のお話は・・・
多くの人が好きなバナナのことです。

先日、大船フラワーセンターを訪れた私たち夫婦です。
植物園全体もグルッと見学して、
最後に温室へと向かうのが我々流。

南国の植物が展示されている温室は、
この時期、窓は開いていますが、
やっぱり暑い!

そんな中、バナナのコーナーへ・・・
以前からバナナの木は見ていた私たちでしたが、
今回はバナナのでき方が分かる光景に出会いました。

大船F

バナナの下の方に垂れ下がる茶色っぽいものは何?

この物体の中にバナナの赤ちゃんが入っています。
調べたところによると、
この不気味な物体は「苞」というものらしいです。
これが一皮ずつむけると・・・


大船F

ほら出た、バナナの赤ちゃん!
本当はまだ赤ちゃんとも言えない段階みたいです。
先っちょがお花です。

太陽に当たるとバナナの赤ちゃんは反り返って、
よく見るバナナの形となりま~す。




じゃ、今日はこのへんで・・・





温室で咲く使君子

2020年 07月06日 15:44 (月)

大船F

咲き始めは白、
やがて薄いピンク、
そして濃いピンク色へと変化していく、
使君子(シクンシ)のお花・・・

初夏から夏にかけて咲くそうです。
私が見た時は、かなり濃い色です。
そろそろ後半なんでしょう。

名前は中国由来の生薬から来たようです。(原産は南アジア)

種子は古くから回虫駆除剤として使用され、
「使君子」とは天子から使わされた使者のような貴重な薬の意味だそうです。



思わず立ち止まってしまうほど可愛いらしいお花でした。
7月5日(日)大船フラワーセンター温室にて。

じゃ、今日はこのへんで・・・









冬の鎌倉【妙法寺】

2020年 02月29日 15:13 (土)

こんにちは!メグおばちゃんです。
2月も今日で終わり・・・
3月の始まりは、日本の正念場ともいえる時期となりますね。


さて、本日のお話は・・・
先日訪れた鎌倉話の続きとなります。

鎌倉・大町の【安国論寺】に続き、
すぐそばにある【妙法寺】にも行ってみました。
先日の記事→ 冬の鎌倉【安国論寺】

メグおばちゃんは、
以前<鎌倉三十三観音巡り>をしたことがあるのですが、
こちらのお寺は、その中には入っていないお寺で、
今回初めて、訪れました。

静かなお寺で、落ち着いた雰囲気でした。
こちらは【安国論寺】と同様、
日蓮上人ゆかりのお寺です。

安国


本堂をはじめとし、
仁王門や護良親王(後醍醐天皇第三皇子)の墓所など、
見どころが多いお寺です。
その中でも見どころは、苔の石段ではないでしょうか?
4月~6月が見頃のようですね。


安国




安国

山の上にある護良親王の墓所からは、
海も見えます。富士山も見えます。

辺りは静かで、小鳥のさえずりではなく、
台湾リスの独特の鳴き声が響いていました。


安国

拝観料とともに渡されるちょっと太めのお線香




安国

仁王門と芽吹いたアジサイ・・・


木々に囲まれた静かなお寺で春の息吹を感じながら、
いにしえに思いを馳せたこの日の私でした。



じゃ、今日はこのへんで・・・




人気ブログランキング

にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ

冬の鎌倉【安国論寺】

2020年 02月27日 17:37 (木)

こんにちは!メグおばちゃんです。
日に日に心配が増す、新型コロナのニュースです。
スピード感が大事です。


さて、2月24日(月)、鎌倉へ行ってきました。
車で鎌倉霊園の方向から鎌倉入り。
朝9時過ぎ・・・
鶴岡八幡宮の段葛辺りの人出は少ないように見えました。
外国人観光客に加え日本人のお客さんも外出を控えているのは、
本当だと思いました。

私たちが鎌倉で目指した場所は、
鎌倉駅から少し離れた【安国論寺】でした。

今回で2回目です。
2012年の記事→

安国


以前は、紅葉の時季でした。
現在は冬枯れで、訪れる人も少なく・・・っていうか、
私たち夫婦だけでした。
お寺の周囲は住宅街ですが、とにかく静か。

ご住職はお留守のようで、
御朱印も書置きのものが用意されていました。



安国


千葉の清澄寺で、日蓮宗を立ち上げた日蓮さん。
鎌倉での布教活動の拠点としたのが、
鎌倉市大町辺り・・・
それはこの【安国論寺】辺りであり、
日本の安泰を願って<立正安国論>を
日蓮さんは書き上げたのでした。



安国


梅はそろそろ終わり・・・それでもどこからともなく「ふわっ」と
良い香りが薫ってきました。


こちらのお寺は一山全部霊場となっていて、
山へ登れば、富士山が見えるとか・・・


安国


かなり急な階段で手すりが頼りです。
登ること5分程度で頂上へ・・・



安国
<富士見台>

海が見えます。眼下には、電車も見えます。

ちょっと右に目をやると、松と松の間に富士山も見えます。
↓お分かりになりますか?

安国


ズームしてみました。


安国


お天気が良くても富士山が霞んだように見えるのは、
春の訪れが近い証・・・



毎日、日蓮さんは山に登り、富士山に向かって
お題目を唱えたのでしょうね。

日蓮上人の度重なる迫害・焼き討ちなどの法難は、
草庵のあったここ、
大町・松葉ヶ谷(まつばがやつ)から始まったのでした。

日蓮さんが生きた時代とはまったく環境は変わっていますが、
その時代に思いを馳せるには十分な静けさが、
この【安国論寺】にはありました。

安国



じゃ、今日はこのへんで・・・







人気ブログランキング

にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ

お気に入りのお寺の台風被害 (鎌倉・浄光明寺)

2019年 12月06日 15:15 (金)


こんにちは!メグおばちゃんです。
急に寒くなり、着膨れている私です。
お日様があるとないとでは、大違い!
お天気下り坂・・・明日までは冷えそうです。


12月1日(日)に鎌倉を訪れた私たち夫婦でした。
紅葉を見る予定にしていましたが、
どこもイマイチ・・・
しかし、せっかく鎌倉を訪れたのだから、
久しぶりにお気に入りのお寺へも行ってみようということになりました。


【浄光明寺】
            鎌倉市扇ガ谷2-12-1                    

2019 北鎌倉


ちょっと分かりづらい場所にありますが、
北条氏・足利氏ゆかりのお寺です。

私がこちらのお寺を知ったのは、
2008年に歩いた「鎌倉三十三観音巡り」がきっかけでした。

住宅街にあり、客殿の裏山の頂上からは
お天気がよければ、大島も見えます。

また山の中腹にある、
収蔵庫には、鎌倉時代から脈々と受け継がれる、
阿弥陀三尊像が空調で管理され、
安置されています。

それは鎌倉時代を象徴する代表的な作品です。
木造でそれに付随する装飾品は、
鎌倉エリアだけに見られる土や漆を使った
宋から伝来の独特な技法です。
装飾品の文様を立体的に見せるのがその特徴です。

今ではその装飾品は色あせていますが、
当時は、金色であったといわれています。

私はこの「阿弥陀三尊像」を初めて拝観した時、
ここにこそ「いにしえの鎌倉」があると思ったほど感動しました。
私が感動した時の記事→

こちらへ立ち寄られたなら、
ぜひ阿弥陀三尊像をご覧下さいね。


そんな【浄光明寺】ですが、
台風19号の影響を受けたようで、
山門の扉が壊れていました。
こちらは、海からは少し離れていますが、
強風が吹いたのでしょうね。


2019 北鎌倉


2019 北鎌倉

扉はこんな風でした。強風が吹き荒れたのでしょうか?




【円覚寺】→【東慶寺】→【長寿寺】→【海蔵寺】→【浄光明寺】と
今回は歩きましたが、結局、これはという紅葉には巡り会えませんでした。
夏から秋の悪天候の影響をしっかり受けていた鎌倉でした。残念!

しかし、鎌倉は不思議です。
多くの人々の心をつかむ何かがある良い所です。
鎌倉、大好きです。


じゃ、今日はこのへんで・・・





写真日記ランキング

にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ