03月 « 2021年04月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  » 05月

鎌倉・妙本寺の海棠

2021年 04月02日 18:34 (金)



久しぶりに鎌倉の【妙本寺】を訪れました。(3月28日)

【妙本寺】は、鎌倉幕府の有力御家人の比企一族ゆかりの地です。
来年の大河ドラマ「鎌倉殿の13人」の中の一人、
頼朝の外戚にあたる比企能員一族がこの地に住んでいたそうです。

比企の乱で一族が滅ぼされたあと比企能員氏の子、
比企大学三郎能本が鎌倉で命がけの布教活動していた日蓮上人に傾倒し、
一族の菩提を弔うために自分の屋敷を日蓮上人に献上したことが
【妙本寺】の始まりとなっているそうです。
比企大学三郎能本は比企の乱の時期は、京都にいたため生き残ったそうです。)


妙本寺

海棠の開花は、私がこの時期2~3回訪れた経験だと、
ソメイヨシノが終わって、バトンタッチするかのように
海棠が開花すると記憶していましたが、
ここ数年は、海棠の開花は早くなっているような気がします。

今回は、見頃に入ってはいましたが、もう一息だったかな?
きっと今頃は、満開ではないでしょうか?

妙本寺

本堂から見た海棠の木


妙本寺



妙本寺


季節はだんだん進んでいきます。

心から季節のお花が楽しめるようになるといいですね。




じゃ、今日はこのへんで・・・




日蓮さんと桜(鎌倉・妙本寺)

2021年 04月02日 13:59 (金)


こんにちは!メグおばちゃんです。
ここ2~3日少し忙しくしております。
今年は、どうにか制限付きで卒業式・入学式が
各地で行われているようですね。
大切な青春時代を安心して過ごせたらと願っていますが、
そんな気持ちに反して、コロナ感染者は増加しています。
先日、ラジオだったかな?
どなたかが、
「まんぼうって少し軽い語感」のようなことを言ってました。
私も当初から「まんぼう」・・・ちょっと違和感がありました。
何でもかんでも略せばいいってもんじゃないと思いま~す!!!



さてさて、本日のお話に入ります。

先週の日曜日、鎌倉に桜を見に行った時のことになります。

鶴岡八幡宮の次に訪れたのは、
好きなお寺の一つ、
鎌倉市大町にある【妙本寺】へ・・・

深い緑に囲まれた静かなお寺です。
春の海棠、夏のノウゼンカヅラのお花が有名です。
今は桜に海棠、シャガが咲いています。



妙本寺

先週の日曜日は、境内の日蓮上人像の所に咲く、
ソメイヨシノが見事でした。


妙本寺



妙本寺



妙本寺



妙本寺

せっかくのいい男さんの横顔に白いもの・・・あらら!

千葉県生まれの日蓮さん、鎌倉でのめげない布教、ご苦労様でした!


【妙本寺】のお話、あと1回続きます。


じゃ、今日はこのへんで・・・





鎌倉の桜(旗上弁財天社)

2021年 03月31日 16:00 (水)

源平池



源平池



源平池



源平池



源平池



午後から雨予報だった日曜日・・・
曇り空でちょっと残念でしたが、
鶴岡八幡宮内の源平池<旗上弁財天社>周辺の桜は見頃でした。
鎌倉には何度となく訪れていますが、
ジャスト満開に当たったのは、初めてかもしれません。
素敵な風景を楽しみました。


じゃ、今日はこのへんで・・・






鎌倉の桜(段葛)

2021年 03月29日 17:44 (月)


こんばんは!メグおばちゃんです。
あたたか過ぎる本日の横浜でした。

昨日は、雨に強風と満開の桜には厳しい天候になりました。
しかし、想像したよりお花が散っていないようです。
もう1~2 日、お花見はできそうです。

3月28日(日曜日)

私たち夫婦は、お天気が悪くなる前、
鎌倉に桜見物に行くことにしました。

朝、8時前にJR鎌倉駅到着。
さすがに人は少なかったですねぇ!
「午後からお天気下り坂だからかな?」と思いましたが、
10時を過ぎる頃には、
いつもの鎌倉駅付近の賑わいになっていました。

さてさて、まずは鶴岡八幡宮の参道『段葛』から!
2016年3月にリニューアルされた『段葛』です。
頼朝が政子の安産祈願に造った道といわれていますが、
老朽化のため平成の大改修が行われました。
(前回の改修は100年前以上前)

そして、植え替えられた桜の木も
今では、鎌倉の風景に馴染んできたようです。



段かづら

桜の木、良い感じに成長しました。
あとで気づいたのですが、
「やだぁ~!大きなクレーンが写ってるぅ~!」



段かづら

気を取り直して!パチリ!


段かづら


鶴岡八幡宮の本宮から『段葛』・若宮大路方向を望む。
手前のちょっと目障りな感じになっている屋根は<舞殿>のものです。
こうして見ると、なかなか良い桜並木になりました。

大改修後の通り初めの行事に出席された、
中村吉右衛門氏の体調が悪いと報じられています。
<鬼平犯科帳>ファンとしては気になるニュースです。

「平蔵、頑張れ!」



じゃ、今日はこのへんで・・・




大船観音寺の千体仏

2021年 01月21日 17:50 (木)


こんにちは!メグおばちゃんです。
最近、コロナワクチンの話題がよく取り上げられていますね。
あなたは条件が揃えば、ワクチン打ちますか?
それとも様子見ですか?


さてさて、本日は昨日の記事の続きです。昨日の記事→

鎌倉市にある<大船観音寺>のことになります。
大船エリアのシンボルとなっている白衣(びゃくえ)観音・・・

高台にあるうえ、そのものの高さが25mもあるそうです。
鎌倉方面から電車で帰る時、
JR大船駅に電車が滑りこむ前にその大きな白い観音様が見えます。

遠くからでも見えるのですから、
白衣観音

そばに寄ると・・・

白衣観音


IMG_1073 (1)

実際は、胸から上が観音様となっています。
観音様の内部にも入ることが出来、
神聖な気持ちになれます。


白衣観音

千体仏・・・こちらは一般の方が仏像を彫ったものです。
講座を受講すると、誰でも掘ることができるようです。
多くの人の願いが込められた仏像さんたち・・・
7㎝ほどの小さなものですが、これだけあると迫力があります。



<大船観音寺>の歴史は比較的新しく、
昭和とともに歩んだそれとなっています。

観音様を造るのにあたり。昭和2年に話が持ち上がり、
昭和4年に着工するも世界恐慌などで、
寄付金などが思うように集まらず昭和29年まで放置され、
昭和35年に落慶式が執り行われるところもまでこぎつけたそうです。

そして現在の名称<大船観音寺>となったのは、
昭和56年のことだそうです。
財団法人「大船観音協会」が中心となって像はできあがり、
その運営の中心は東急グループによるものでした。


昭和とともに歩んだ曹洞宗<大船観音寺>・・・
被爆者への追悼にも力を入れているようです。

白衣観音


白衣観音
広島での原爆の残り火が、巡り巡ってこちらで燃えています。
(その物語は長いので割愛いたします。)


白衣観音
被爆石(長崎より)



原爆のない世界・・・
世界平和に祈りを込めて・・・


そうそう、昨日の記事の最後で、私のママ友さんが
「<大船観音>にお詣りすれば、子宝に恵まれる」とお姑さんに誘われて、
お姑さんと二人、足を運んだ思い出話をしました。

今回は、子宝関連のものは見かけませんでしたが、
とにかく、彼女が、ここでお詣りして第2子を
めでたく授かることが出来たのですから・・・成就、成就
その子も今年で32歳になります。
どんだけ昔の話じゃ!(汗)


じゃ、今日はこのへんで・・・