08月 « 2022年09月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  » 10月

花と器のハーモニー②

2022年 06月10日 16:07 (金)

『花と器のハーモニー 2022』

山手の丘のウエディング物語

横浜山手西洋館で開催される<世界のクリスマス>に並ぶ、
6月の恒例イベント『花と器のハーモニー』のお話の続きです。
(前回の記事①はこちら

このイベントは、山手西洋館7館統一のテーマで開催されます。

フラワーアレンジメントとテーブルコーディネートで
華やかに西洋館が飾り付けられます。



【エリスマン邸】

花と器のハーモニー

生糸貿易会社の支配人・エリスマン氏の私邸として大正15年に建てられたもので、
山手の別の場所から平成2年、現在地に移築復元された洋館です。


こちらの西洋館の展示は、
結婚25年を迎える2組の友人夫婦のディナーをイメージしています。
夫婦として、友人として「これからの時間もよろしく」の想いとともに・・・


花と器のハーモニー



花と器のハーモニー



花と器のハーモニー

エリスマン邸に一歩足を踏み入れると、
百合の香りがたち込めていました。
季節感を感じるとともに装飾も大人の空間といった印象でした。



花と器のハーモニー


さて、エリスマン邸をあとにした私は、
道路を挟んで反対側にある<山手234番館>へ・・・





【山手234番館】

花と器のハーモニー

日本人の設計で昭和2年に外国人向けの共同住宅として、
建てられた洋館です。



花と器のハーモニー

こちらは洋館の前面に季節のお花が植えてあり、
多くの人が入館する前にまず外から・・・写真を撮っていました。



花と器のハーモニー

こちらの西洋館のテーマは、紙婚式。
家族とお祝いのテーブルを囲むイメージです。

紙婚式には、「白紙のような二人の将来の幸せを願う」という意味があるそうです。
自分のことを思えば、紙婚式前に長男が生まれ、
てんてこ舞いの自分がそこにいました。
そもそも紙婚式自体を知らなかった25歳・・・(笑)
あなたは、結婚1周年の頃、どんな生活をしていましたか?


花と器のハーモニー




花と器のハーモニー


こちらのテーブルコーディネートは、
若々しくもあり、可愛らしくもあり・・・
入館者からは、「可愛い!」という声が上がっていました。


花と器のハーモニー

大きなキウイフルーツに目がいっちゃいました!




今回は横浜山手西洋館7館のうち3館の見学となりましたが、
久しぶりに非日常の世界を見ることが出来て、
とても気分転換になりました。


【外交官の家】が金婚式、【山手111番館】はダイヤモンド婚式などなど・・・
見どころ満載!←想像ですけど!(笑)

『花と器のハーモニー 2022』は、6月12日(日)まで!


じゃ、今日はこのへんで・・・









 

 にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ
 PVアクセスランキング にほんブログ村

花と器のハーモニー①

2022年 06月09日 15:35 (木)


『花と器のハーモニー 2022』

山手の丘のウエディング物語

横浜山手西洋館で開催される<世界のクリスマス>に並ぶ、
6月の恒例イベント『花と器のハーモニー』のお話です。

西洋館7館統一のテーマで開催されます。

フラワーアレンジメントとテーブルコーディネートで
華やかに西洋館が飾り付けられます。



【ベーリックホール】

花と器のハーモニー

イギリス人貿易商のベーリック氏の邸宅として1930年に建てられ洋館で、
山手最大級の歴史的建造物です。
2000年までは、インターナショナルスクールの寄宿舎として使われていたそうです。

こちらの西洋館はメグおばちゃんお気に入りの建物です。

建物も大きく、お庭も広くていいでしょ!

今回のイベントのコンセプトは、
山手の丘のウエディング物語・・・つまり結婚がテーマです。

実際に家庭的な小さな結婚式がこちらでは行われています。
少し前に、ガーデンパーティーみたいな披露宴が流行ったでしょ?!
そんな雰囲気が似合います。

今回のベーリックホールの装飾は、
「希望」
最良の良き日であるウエディングが、
未来への懸け橋になるイメージで・・・


花と器のハーモニー

広いホールを利用したウエディングの展示です。
今回これが一番見たかったシーンです。

やっぱり結婚式って、女性の憧れの瞬間なのではないでしょうか?
この先、いろいろな困難を迎え撃つことになるとしても、
この瞬間は、憧れであり、またけじめでもあると私は思います。
豪華である必要なんてない・・・
そんな私の思いは時代遅れなのかもしれません。
最近は、コロナも手伝って、結婚式をしない若者も多くなっているとか・・・

さて、あとは展示の写真を並べます。
どうぞ、サラッとご覧くださいね。

花と器のハーモニー
ベーリックホールの特徴であるライオンの壁泉と黒と白のタイルの床



花と器のハーモニー


花と器のハーモニー
ダイニングルーム



花と器のハーモニー



花と器のハーモニー
この建物の特徴的な窓と大倉陶園のブルーローズ(柄)と思われる器たち・・・
こちらのお部屋は、本物の披露宴の時には、親族控室に使われることがあるそうです。



花と器のハーモニー




花と器のハーモニー
お色直しは、落ち着いた赤のドレスで・・・



花と器のハーモニー




花と器のハーモニー

ちょっぴり幸せな気分になったメグおばちゃん、
お隣りのエリスマン邸へと向かいました。



つづく・・・













 

 にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ
 PVアクセスランキング にほんブログ村

復活!横浜山手西洋館巡り

2022年 06月08日 15:55 (水)


こんにちは!メグおばちゃんです。
2019年のクリスマスイベント以来、
コロナ禍で行けてなかった
大好きな横浜山手西洋館の6月のイベントに
満を持して、ついについに行ってまいりました!

最近まで、電車に乗るのもためらっていたメグおばちゃん!
やっと行動を起こしました。(笑)

以前のような宣伝がなされていないせいか?
また朝イチでしたし、
お天気が悪いのも手伝ってか?
比較的空いていました。

時間の都合で西洋館7館のうち3館(元町公園エリア)を訪れましたが、
ある西洋館などは、私一人の貸し切り状態でした。(嬉)

まずは検温・手指消毒から・・・

各西洋館で、スタッフの方に、
「楽しみにしていたんですよ!」
思わず声をかけました。

帰ってから、「各館のスタッフに楽しみだったと言いまくった!」と
夫J氏に報告すると・・・
「おかしな人だねぇ!」と言われてしまいました。

しかし、やっと少し自由な行動が許され、
嬉しかったのです。

いつも愛用している絵葉書も買いました。

花と器のハーモニー

やっぱり、西洋館の飾りつけは綺麗でした!
6月の恒例イベント、『花と器のハーモニー』


花と器のハーモニー



さてさて、自己満足記事になりますが写真の整理が出来たら、
アップしたいと思います。



花と器のハーモニー
ベーリック・ホール


花と器のハーモニー
エリスマン邸


花と器のハーモニー
山手234番館



私が1時間ほどで見学を終えた頃、
お友達と連れ立った奥方たちの笑い声が、
山手の丘に響くようになっていました。


つづく・・・











 

 にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ
 PVアクセスランキング にほんブログ村

イブの日に・・・

2019年 12月24日 13:55 (火)


2019年12月24日

本日は、横浜山手西洋館の【外交官の家】のクリスマス飾りを
ご紹介しましょう。
「世界のクリスマス2019」、こちらの洋館のテーマ国は・・・

ツイッター好きな大統領の国、
アメリカ合衆国です。

こちらのクリスマスは、日本人が思っている
アメリカのクリスマスだったように思います。

メグおばちゃん、好きなクリスマス飾りでしたよ。

重厚な造りの西洋館【外交官の家】に足を踏み入れると、
クリスマスソングが流れ、ダイニングテーブルには、
これから始まるファミリーのクリスマスパティーの準備ができています。


世界のクリスマス



世界のクリスマス



世界のクリスマス



世界のクリスマス



世界のクリスマス



世界のクリスマス



世界のクリスマス


高台の古い洋館を舞台に
古き良き時代の家族のクリスマスをイメージしたそうです。
(世界のクリスマス リーフレット参照)



今年は、横浜山手西洋館の「世界のクリスマス2019」を
都合で全館見て回ることができませんでした。
ちょっと悔いが残っちゃったなぁ~!


クリスマスイブそしてクリスマス・・・

サンタさんが来ても来なくても将来のあるちびっ子たちが
元気で皆が幸せでありますように・・・



じゃ、今日はこのへんで・・・





写真日記ランキング

にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ

世界のクリスマス (ブラフ18番館)

2019年 12月21日 15:34 (土)


横浜山手西洋館の「世界のクリスマス2019」、
本日はJR石川町駅の改札を出て、
急坂を登ったところにある【ブラフ18番館】のご案内です。

私と横浜山手西洋館での「世界のクリスマス」との出会いは、
ブログを始めた2007年からです。
その2007年に初めて足を踏み入れたのが、
この【ブラフ18番館】でした。

その日は、ピアノの生演奏が館内に心地よく響いていました。
生演奏と華やかなクリスマス飾り・・・
ただでさえ、クリスマスムードが好きな私は、
その雰囲気に一気に引き込まれていきました。

そんな【ブラフ18番館】の今回のテーマ国は、
オーストリア共和国です。

落ち着いた大人のクリスマスでした。
西洋史からは外せない、
あの舌を噛みそうなハプスブルグ家のイメージで
飾り付けられたオーストリアのクリスマス・・・


世界のクリスマス2019



世界のクリスマス2019



世界のクリスマス2019



世界のクリスマス 2019



世界のクリスマス2019

ツリーのオーナメントもゴージャス

世界のクリスマス2019



世界のクリスマス2019

シシィの愛称で広く知られるオーストリア帝国・皇后エリザベート、
少女時代は自然を愛する父とともに、
貴族でありながら、
庶民とともに町で過ごすこともあったとか・・・


世界のクリスマス 2019



世界のクリスマス2019

オーストリアに嫁いでからのエリザベートは、
幸せではなかったようですが、
その美貌はヨーロッパでも1、2を競うものだったそうです。


私も宝塚やお芝居で2~3回、
エリザベートの物語を観ましたが、
また、機会があったら観たいなと思った、
【ブラフ18番館】のクリスマスでした。


師走らしい寒さになっています。
どうぞ、暖かくしてお過ごし下さいね。


じゃ、今日はこのへんで・・・




写真日記ランキング

にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ