12月 « 2020年01月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 02月

イブの日に・・・

2019年 12月24日 13:55 (火)


2019年12月24日

本日は、横浜山手西洋館の【外交官の家】のクリスマス飾りを
ご紹介しましょう。
「世界のクリスマス2019」、こちらの洋館のテーマ国は・・・

ツイッター好きな大統領の国、
アメリカ合衆国です。

こちらのクリスマスは、日本人が思っている
アメリカのクリスマスだったように思います。

メグおばちゃん、好きなクリスマス飾りでしたよ。

重厚な造りの西洋館【外交官の家】に足を踏み入れると、
クリスマスソングが流れ、ダイニングテーブルには、
これから始まるファミリーのクリスマスパティーの準備ができています。


世界のクリスマス



世界のクリスマス



世界のクリスマス



世界のクリスマス



世界のクリスマス



世界のクリスマス



世界のクリスマス


高台の古い洋館を舞台に
古き良き時代の家族のクリスマスをイメージしたそうです。
(世界のクリスマス リーフレット参照)



今年は、横浜山手西洋館の「世界のクリスマス2019」を
都合で全館見て回ることができませんでした。
ちょっと悔いが残っちゃったなぁ~!


クリスマスイブそしてクリスマス・・・

サンタさんが来ても来なくても将来のあるちびっ子たちが
元気で皆が幸せでありますように・・・



じゃ、今日はこのへんで・・・





写真日記ランキング

にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ
スポンサーサイト



世界のクリスマス (ブラフ18番館)

2019年 12月21日 15:34 (土)


横浜山手西洋館の「世界のクリスマス2019」、
本日はJR石川町駅の改札を出て、
急坂を登ったところにある【ブラフ18番館】のご案内です。

私と横浜山手西洋館での「世界のクリスマス」との出会いは、
ブログを始めた2007年からです。
その2007年に初めて足を踏み入れたのが、
この【ブラフ18番館】でした。

その日は、ピアノの生演奏が館内に心地よく響いていました。
生演奏と華やかなクリスマス飾り・・・
ただでさえ、クリスマスムードが好きな私は、
その雰囲気に一気に引き込まれていきました。

そんな【ブラフ18番館】の今回のテーマ国は、
オーストリア共和国です。

落ち着いた大人のクリスマスでした。
西洋史からは外せない、
あの舌を噛みそうなハプスブルグ家のイメージで
飾り付けられたオーストリアのクリスマス・・・


世界のクリスマス2019



世界のクリスマス2019



世界のクリスマス2019



世界のクリスマス 2019



世界のクリスマス2019

ツリーのオーナメントもゴージャス

世界のクリスマス2019



世界のクリスマス2019

シシィの愛称で広く知られるオーストリア帝国・皇后エリザベート、
少女時代は自然を愛する父とともに、
貴族でありながら、
庶民とともに町で過ごすこともあったとか・・・


世界のクリスマス 2019



世界のクリスマス2019

オーストリアに嫁いでからのエリザベートは、
幸せではなかったようですが、
その美貌はヨーロッパでも1、2を競うものだったそうです。


私も宝塚やお芝居で2~3回、
エリザベートの物語を観ましたが、
また、機会があったら観たいなと思った、
【ブラフ18番館】のクリスマスでした。


師走らしい寒さになっています。
どうぞ、暖かくしてお過ごし下さいね。


じゃ、今日はこのへんで・・・




写真日記ランキング

にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ


世界のクリスマス (山手111番館)

2019年 12月13日 13:44 (金)


こんにちは!メグおばちゃんです。
気温の上がり下がりが極端な2019年12月となっています。
クリスマスの頃は、北の国はホワイトクリスマスのようですね。


さて、本日のお話は・・・

先日訪れた、
横浜山手西洋館の「世界のクリスマス2019」のことになります。


【山手111番館】

こちらのクリスマス飾りのテーマ国は、カナダです。
カナダも他民族国家だそうで、そのクリスマスの様式も様々だそうです。
今回は、ニューファンドランドという地域の
友人や家族と過ごすクリスマスのイメージで飾り付けされたそうです。
Heart-warming Christmas
(リーフレット参照)

こちらの飾りは、私がイメージするクリスマス!
大好きなクリスマス飾りでした。

毎年、「世界のクリスマス」を見せていただいてますが、
年によっては、「なんだかなぁ~!」と思ったり、
「ステキだけど斬新すぎない?」なんて感想をもつこともありました。
もちろんそれは私の好みによる単なる感想で、
作品として装飾をされている方々に、そんなことを言うのは、
とても失礼なことです。

今年の【山手111番館】は私好みです。
写真をたくさん撮りました。
ちょっと並べてみますね。
山手西洋館記事は、いつも自己満足記事!
どうぞサラッとご覧下さいね。



世界のクリスマス

吹き抜けの玄関ホールが特徴の111番館。
それをよく生かしたクリスマスツリーが入館と同時に目に飛びこんでいます。


世界のクリスマス

1本かと思ったツリー、よく見ると3本セット!



201912138.jpg

「あわてんぼうのサンタクロース」もいますよ。



世界のクリスマス

ダイニングにはごちそうが並びます。



世界のクリスマス




世界のクリスマス




世界のクリスマス




世界のクリスマス

クリームのデコレーションじゃなくて、パイなんですね。
私が子どもの頃は、バタークリームのクリスマスケーキが全盛でした。
なんだかたくさん食べると胸が悪くなり、
残ったケーキを翌日食べるとクリームが固くなっていて・・・
そのうちアイスのクリスマスケーキが出現して、
買ってもらいましたが、あまり美味しくなかったり・・・
いろいろ思い出しました。


世界のクリスマス

お菓子のブーツもクリスマスの定番。
買ってもらうと嬉しい、だけどそんなに美味しいお菓子は入ってなかったような・・・(笑)



世界のクリスマス





20191121313.jpg



クリスマスの思い出がよみがえってくる
Heart-warming  Christmas
ステキでした。


じゃ、今日はこのへんで・・・





写真日記ランキング

にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ

世界のクリスマス (横浜市イギリス館)

2019年 12月11日 13:54 (水)


こんにちは!メグおばちゃんです。
季節が1ヶ月前に戻ったような本日の横浜です。

さてさて、本日のお話は・・・
私にとって、定番となっているこの時期のイベント、
横浜山手西洋館の「世界のクリスマス2019」に行ってきました。

そのイベントは、各西洋館でその年によってテーマ国を決めて、
クリスマス飾りが行われるイベントです。

ブログを始めた2007年から、
毎年楽しみにしている西洋館を彩るクリスマスです。
そんなこのイベントも今年で20回目を迎えるそうです。


今回は港の見える丘公園エリアにある
横浜市イギリス館からです。

こちらでは、多くの場合、
「イギリス」のクリスマス飾りの展示をしています。

イギリスと言えば、バラがシンボルです。

世界のクリスマス

イギリスに対して多くの日本人は、一つの国として捉えますが、
4つに分かれたそれぞれの地域には、
日本人には分からないような、
歴史的、人種的、そして民族の誇りなど複雑な背景があります。

今回、ラグビーワールドカップなどを見ていると
そのことがよく分かります。
イギリスから4チームが出場しています。
またオリンピックは各エリアからの代表選手が「イギリス」として、
出場するそうです。
難しいなっ!ヨーロッパの歴史的背景!

それはさておき・・・
今回のイギリス館での展示は、
クリスマスのワクワク感と
「家」「家族」への郷愁ややstoryを演出しているそうです。
(リーフレットより)


世界のクリスマス



世界のクリスマス



世界のクリスマス



世界のクリスマス



世界のクリスマス


炎そして赤が印象的な
綺麗でもあり、可愛くもありのクリスマス飾りでした。


もう少し、横浜山手西洋館の「世界のクリスマス」は続きます。



じゃ、今日はこのへんで・・・




写真日記ランキング

にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ

サンタさんの足音、聴こえますか?

2019年 12月09日 13:37 (月)

世界のクリスマス


12月の今頃になると子どもの頃のクリスマスシーズンを思い出す・・・
「おりこうさんにしていたら、サンタさんは来てくれるはず・・・」
素直な子どもの心の中には、そんなおまじないみたいな言葉が渦巻いていた・・・


世界のクリスマス
 
横浜市イギリス館にて




写真日記ランキング

にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ