FC2ブログ

09月 « 2019年10月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 11月

♪横浜山手・元町公園辺り・・・(山手234番館)

2019年 06月07日 15:32 (金)

こんにちは!メグおばちゃんです。
ついに関東は梅雨入りしました。
この湿度・・・梅雨ですね。まさに梅雨!

先日、横浜山手西洋館の6月のイベント、
【花と器のハーモニー】に久しぶりに足を運んだメグおばちゃんですが、
最後に訪れた西洋館は【山手234番館】です。

コチラは昭和2年(1927)に建てられた外国人向けの共同住宅です。
関東大震災の復興事業の一つで、
いなくなった外国人に戻ってきてもらうためにこの地に建てられたものです。

【山手234番館】
092.jpg

今回のこちらの展示は、草月流・花美術家の日向雄一郎氏の作品です。



ちょっと急ぎ足での見学でしたので、写真は少ないです。
そして、こちらの建物では、また展示物に近寄ることが出来ませんでした。
悲しいかな立ち入り禁止のロープが張られていました。

アマチュアカメラマンのマナーが悪かったにのでしょうか?
どうして、234番館だけに、このようなロープがあるのか?
次回、訪れた時もそうであるなら、スタッフにその理由を聞いてみようと思います。

097 (1)




104 (1)




ふんわりした印象そして繊細なイメージでした。
私が、【山手234番館】をあとにする頃、
多くの人々が山手散策を始めていました。


120 (1)

元町公園入り口辺り・・・


じゃ、今日はこのへんで・・・






写真日記ランキング





スポンサーサイト



♪遊び心がいっぱい! (ベーリックホール)

2019年 06月06日 16:53 (木)

こんにちは!メグおばちゃんです。
少し蒸し暑くなっている本日の横浜です。
紫陽花に菖蒲、百合・・・
蒸し暑い気候を好むお花が主張し始めました。


さて、本日のお話は・・・
先日訪れた、横浜山手西洋館の6月のイベント、
【花と器のハーモニー】のことになります。


今回は、西洋館7館のうち元町公園エリアの3館を
覗いてきました。


【エリスマン邸】の次はお隣りの【ベーリックホール】へ・・・
こちらの西洋館は私の好きな建物の一つです。

be-riltuku.jpg
                                   2013年6月撮影

今回のこちらでの展示はフランス人のフラワーデザイナー
ローラン・ポーニッシュ氏による作品です。
フランスで100年以上の歴史をもつお花屋さんの4代目として生まれ、
現在は、日本でフレンチスタイルのフラワーアレンジメントの普及に
力を入れているそうです。ローラン・ポーニッシュ氏HP


テーマは ~花遊び~


まさに「花遊び」を表現しているのはコレ↓

086.jpg 

フラワーアレンジメントと言えば、
立体的にお花を活けるのが、一般的だと思いますが、
こちらは、紫陽花を敷き詰めていますね。
しかも枯葉とともに・・・

こんな発想はなかなかできないんじゃないかな?
食器は、今年で創業100周年を迎えた大倉陶園製のものが
展示されていました。

065 (1)




ちょっと余談ですが、
私がこちらの建物で好きなのは「窓」です。 

071 (1) 

子供部屋なんて最たるものじゃないかな?
コチラのお部屋にもちゃんとフラワーアレンジメントが施されていました。
 
 
  
080.jpg


076 (1) 


もっともっとステキなお花もありましたが、 
メグおばちゃんの腕がイマイチのため、お見せできません。
 もっとご覧になりたいと思われた方は、イベントへ足を運んでみてくださいね。 
6月9日(日)まで・・・


じゃ、今日はこのへんで・・・ 


 






にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(Canon)へ






♪ユリの香りに包まれて・・・ (エリスマン邸)

2019年 06月05日 13:45 (水)

こんにちは!メグおばちゃんです。
本日の横浜は、薄日が時々射す雲り空です。
そろそろ雨の季節がやってきます。
ビニール傘が全盛ですが、
今年は、しっかりした赤い傘が買いたいなっ!


さて、昨日は大好きな横浜山手西洋館の
6月のイベントへちょこっと行ってきました。


横浜山手西洋館フェスタJune 【花と器のハーモニー 2019】
~開港160年 山手今昔 想いを馳せて・・・~  6月9日まで


仕事があったので、
9時半開館を待つ感じで行きました。
スタッフの方が「1番乗りですよ。」
笑顔で迎えて下さいました。

まずは、【エリスマン邸】から・・・

開館前から、なにやらプロの方が館内撮影していました。
私にしてみれば、申し訳ないですが、「ちょっと邪魔」(笑)
それでもどうにか見学することができました。

                              


 ~ユリの架け橋~

日本でヨーロピアンフラワーアレンジメントの普及に務めている
オランダ人フローリストによる作品です。

039 (1)

ユリの香りが館内に漂います。華やかです。







042.jpg








058 (1)








043.jpg








060 (1) 

<参考>作者のコンセプト
1859年の横浜開港から、居留地外国人によって日本のユリ球根の輸出が始まりました。時を経て、今では日本国内で栽培されるユリ球根の殆どはオランダからの輸入になりました。ユリがつないだ日蘭の架け橋を色、形や香りなどバラエティ豊かなユリを使って皆様にお見せいたします。(花と器のハーモニー/リーフレットより)





写真日記ランキング



にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(Canon)へ
にほんブログ村



♪山手西洋館のクリスマス(外交官の家)

2018年 12月21日 18:49 (金)


ハイハ~イ!メグおばちゃんです。
空気が乾燥していて、
マスクをしている人、咳をしている人を多く見かけます。
私も風邪でもないのに、ゴホンとしています。
インフルエンザも流行りだしているようですね。
年末年始の体調管理はしっかりしたいものです。


さて、本日のお話は、
山手西洋館の「世界のクリスマス2018」展示の記事になります。



<外交官の家>

こちらは私の好きな西洋館の一つです。
明治43年、渋谷に建てられた洋館ですが、
平成9年にこの地「横浜」に移築されたものです。
どっしりとしたステキな建物ですが、
内部は暗く、私のような腕前がまだまだな写真好きにとっては、
写真映えが難しい室内となっております。




実に洋館らしい佇まいですよね。

こちらの洋館のクリスマスの飾り付けは、
スペイン王国です。






意外にシンプルなテーブルコーディネートです。









カトリック信者が主流の国で、
クリスマスは大切な日だそうです。
家族一同でクリスマスの食卓を囲むことを大事にしているそうですよ。














チュッパチャプスは世界的に有名な飴ですが、
その包装紙のデザインは、
これまた世界的な画家サルバトール・ダリのものだそうです。



あまり心がときめかなかったのか?
↑あくまで個人の感想です。

写真は少なめです。




今年もどうにか7館の<世界のクリスマス2018>
見てまわることができました。
これを済ませないと私の1年は終わりません。

幼稚園や学校がお休みに入り、
今頃、ちびっ子の期待は最高潮に達しようとしているのでは?
私も孫に24日着で、
プレゼントを送りました。


明日から3連休の方もいらっしゃいますね。
楽しいお休みでありますように・・・


お仕事の方は、もうひと頑張りですよ。
体に気をつけましょうね。




じゃ、今日はこのへんで・・・


♪山手西洋館のクリスマス(ブラフ18番館)

2018年 12月19日 17:49 (水)


ハイハ~イ!メグおばちゃんです。
朝からお天気がよかった本日、
横浜山手西洋館「世界のクリスマス2018」にまたまた行ってきました。
現在、西洋館8館でクリスマス展示が行われていますが、
今年は2日に分けて、7館を巡ってきました。

少し離れている<旧山手68番館>は、
時間の都合で行けませんでした。
心残りですが、
また来年、予定に組み込みたいと思います。



本日は、イタリア山庭園にある2館に行きました。

まずは、<ブラフ18番館>から・・・

今日も開館前から気合を入れて行きました。
しかし、お天気がよかったせいか、
すでに先客が数名いらっしゃいました。
私以上に気合が入っていますね。(笑)


結論から申しますと・・・

全7館中、ここが一番好きな装飾だったかもしれません。
何がどうってことではないのですが、
北欧フィンランドの雰囲気が伝わったような気がしました。
フィンランド、行ったことはないのですが・・・あれれッ!





テーブルクロスの赤が雰囲気を盛り上げます。










ヒヤシンスのアレンジが新鮮











鮮やかな赤が目を惹きます














松ぼっくりがたくさん使われていました。







フィンランディアモスのリース
モスは、フィンランドに自生する植物
(学術的には苔のような菌類のようなもの)













本日のお気に入り・・・
トナカイさんのお顔も見てあげて下さいね。




次は<外交官の家>に続きます。