05月 « 2020年06月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  » 07月

金沢八景そぞろ歩き

2020年 06月04日 15:28 (木)

こんにちは!メグおばちゃんです。
コロナ渦の中、社会が動き始めました。
相変わらず課題がたくさんある中、
皆さんは、どのようにお過ごしでしょうか?

さて、こんなご時世ではありますが、
先日、マスクしっかり着用で、
横浜市金沢区の金沢八景辺りを散策してきました。


金沢八景は鎌倉時代から景勝地として知られていて、
そのいくつもの入り江の景色が美しく、
江戸時代には歌川広重の絵画にも描かれるほどでした。

現在は昔描かれていたような景色は埋め立てで、
かなり変わったといわれています。
それでも現在でも見どころがあり、
歴史散歩良し、簡単な釣り良し・・・

また、潮干狩りで有名な野島公園内には、
伊藤博文の旧別邸があります。(過去記事→
海の公園や八景島シーパラダイスや関東学院なども
金沢八景エリアにあります。

そうそう、【釣りバカ日誌】のロケ地・船宿<太田屋>などもあります。
金沢八景がググッと身近に思えてきませんか?


さて、私たちの今回の散策は、まず瀬戸神社から・・・(昨日の記事→

次に立ち寄ったお寺があったのですが、
ご時世ですね。こんな感じになっていました。

金沢八景



金沢八景

可愛い御朱印がいただけるようです。
近いうちにまたチャレンジいたしましょう。


お寺をあとにした私たちは、野島公園を目指しました。
道すがら、バラを観たり、季節の紫陽花を愛でたり、
マスクが少しうっとうしくなった頃、野島公園に到着!


金沢八景
シーサイドラインと釣り船
「浜ちゃ~ん!」


金沢八景




金沢八景


野島公園は、子供たちと潮干狩りをしたり、釣りをした思い出の場所です。
公園内にある展望台に今回は行ってみることにしました。
寄る年波・・・思ったより展望台への道はつらかった!


金沢八景



金沢八景

眼下には八景島シーパラダイス、遠くには横浜ベイブリッジが見えました。
お天気が良ければ、もっといろいろな所が見えたのになっ!


金沢八景

展望台から坂を下る途中、土手にきのこ・・・
人が触れない場所の切り株に、綺麗な姿で生きていました。
なぜか心惹かれて、パチリ!


野島には、釣り船屋さんがたくさん軒を連ねています。
そんな中に海苔の名店があります。

金沢八景

初めて立ち寄りました。
シンプルな海苔をはじめとし、バリエーション豊かな種類の中から
目移りしてどれを購入するかちょっと迷いました。

決めたのはコレ!

金沢八景

焼きのりは、その晩の手巻き寿司に、
海苔の佃煮は、
○○屋の江戸むらさきとは、
一味も二味も違った味わいでしたよ。
海苔感?があり美味しいです。


お天気はすっきりしませんでしたが、
10000歩越えのいい運動となりました。



じゃ、今日はこのへんで・・・




瀬戸神社のアジサイ(金沢八景)

2020年 06月02日 15:00 (火)

金沢八景

京浜急行<金沢八景>駅近くにある【瀬戸神社】

源頼朝が伊豆・三嶋大社の分霊をこの地に祀ったことから
始まったといわれています。

神社にお参りして、
「金沢八景辺りを散策しよう。」と計画していましたが、
こちらの神社で思わぬアジサイのお花の歓迎を受け、
ついつい長居しました。

咲き始めのヤマアジサイが、ずらっとありました。

金沢八景





金沢八景
伊豆の華




金沢八景
白風車




金沢八景
乙姫




金沢八景





金沢八景




金沢八景
紅てまり



金沢八景





金沢八景



「もうこんなに咲いているのね!」
 
季節のお花を愛でることができて、
なんだかお得な気分になった日曜日でした。






女性災禍除けのお守り、買いました!(六所神社)

2020年 05月30日 17:45 (土)

こんにちは!メグおばちゃんです。
梅雨入りを思わせるような小雨が降ったり止んだりの
本日の横浜です。


さてさて、本日のお話は、
先日訪れた神奈川県大磯にある、
相模国総社の【六所神社】のことになります。

第10代崇神天皇時代、
出雲地方の氏族がこの地に移り住んだ時、
祖神である「櫛稲田姫(クシイナダヒメ)」をお祀りしたことに始まるということです、
出雲と深い関わりのある神社なんです。

六所神社



六所神社



六所神社
しめ縄が印象的でした、
出雲つながりで、
このしめ縄も出雲大社と同じところでつくられているとか・・・
こちらの神社には、
ある神話に因んだお守りがあります。


いきなりですが、八岐大蛇(ヤマタノオロチ)と言えば、
なんとなくその物語を思い出される方もいらっしゃるかもしれません。


悪さをする八岐大蛇は、出雲のある地方で、
毎年、ある老夫婦の娘を一人ずつ食べていったそうです。
怖いですねぇ!

ある年、8番目の娘が食べられてしまう順番となり、
その8番目の娘がこちらの神社にお祀りされている
櫛稲田姫(クシイナダヒメ)なんです。
まさに姫、絶対絶命のピンチですよ。


そこに
現れたのがスサノウノミコトです。
クシナダヒメと結婚させてくれるのなら
一肌脱ごうということで、
彼は八岐大蛇退治に乗り出したのです。
その時、クシナダヒメは自らの姿を櫛に変え、
その櫛をスサノウノミコトは髪にさして、
八岐大蛇と闘ったのだそうです。
その櫛は、みごとな霊力を発揮して、
スサノウノミコトは、見事、八岐大蛇退治を成功させて、
クシナダヒメと幸せに暮らしとさっ!

こんな神話に因んだ「湯津爪櫛櫛(ゆつつまくし)」のお守りを購入。

六所神社



女性の災禍除けが中心ですが、
男性が困ったときには、真心こめて念じて贈ると
男性に霊力が湧き、困難打破へと向かわせるとか、
男性から女性に贈ると「かけがえのない大切な女性」の証だそうですよ。

メグおばちゃんは、信心深くはないのですが、
どうしても買いたくなってしまいました。
これもまた櫛稲田姫の霊力に突き動かされたのかもしれませんね。(笑)




じゃ、今日はこのへんで・・・




祈りを込めて・・・(前鳥神社)

2020年 05月29日 17:03 (金)

前鳥神社

相模六社の一つ、
【前鳥神社(さきどりじんじゃ)】内 <奨学神社>にて・・・


主祭神が応神天皇の皇子で、
聡明だった方と伝わっており、
学問・受験合格のご神徳で古くから信仰された神社だそうです。
(神社リーフレット参照)



新型コロナで影響を受けていない人はいません。
ことに現在の高校3年生は、
いろいろな意味で不安が大きいのではないでしょうか?
受験にしても、就職にしても。

秋冬には新型コロナとインフルエンザのダブル攻撃になるかもしれません。
そんな不安の中、
今、人生の岐路に立っている人は多い・・・老いも若きも!

ここ2~3日、マスクをしていない人が一時より、
多くなっているように思います。
油断禁物です。



前鳥神社

【前鳥神社】本殿への続く参道




前鳥神社

本殿




所在地 神奈川県平塚市四之宮4-14-26




来た来た!アベノマスク!

2020年 05月27日 09:42 (水)

アベノマスク

私は神奈川県横浜市在住。

緊急事態宣言解除の前日5月26日(火)に、
待ちに待った?アベノマスクを受け取りました。
なんともマヌケな感じですね。
それに私は、2か所でそれをいただくことになります。

写真のマスクは、仕事場に届いたもの・・・
住まいの方には、届いていません。
10万円の申請書ももちろん届いていません。

あなたの手元にアベノマスクは届いたでしょうか?